ブログを書く時間がないあなた必見!収益に影響する更新頻度を上げるテクを公開

ブログ

ブログを始めたはいいけど、仕事が忙しくて全然更新できないや。
時間がなくても記事を更新する方法を教えてほしいな。

今回はそんな悩みを解決していきます。

僕自身ブログ歴は1年ほど。最初の方はブログの更新に8時間以上かかっていましたが、今では3時間以内に書き終わるまで成長しました。

本記事を読めば、時間がなくてブログを更新できないと嘆いているあなたもブログの更新頻度が上げることができますよ。

時間がない中ブログのコンテンツを増やす方法は3つ

how to
時間が無い中で記事増やすなら方法は3つだけかなって思います。

僕は今回紹介する中の2つを実践、仕事で運営していたオウンドメディアの更新で残り1つの方法を実践しました。

方法1:ブログの書くスピードを上げる

こちらは僕がブログの更新頻度を高めるために実際に使った方法。

単純な話、ブログにかける時間が短くなれば時間が無い中でもブログの更新頻度は落ちずに済みます。

ブログの執筆スピードを上げる具体的なテクニックについては記事の後半で解説します。

方法2:スキマ時間を有効活用する

サラリーマンの方が明日からマネできるのがこちらの方法。

具体的には、以下の3つ。

  • 昼休みを利用する
  • 通勤時間を利用する
  • 起きた後・寝る前の短い時間を使う

ブログの本文を書くのはパソコンを利用するのが早いんですけど、

  • 構成を作る
  • タイトルを決める
  • 参考のサイトをリサーチする

といった作業は電車の中や昼休みでもできますよね。

方法3:記事の外注を依頼する

勤め先でオウンドメディアを運営していた際にクラウドワークスや、ランサーズを利用して記事の作成を外注していました。

お金はかかりますが、あなたの時間がないという問題を手っ取り早く解決してくれる方法ですよ。

またこのブログを運営している僕自身も記事の作成を引き受けています。

ブログを書くスピードを上げるテクニック3選

鍵
ここからは僕が実際にブログの執筆スピードを高めるために実践した方法を3つ紹介していきます。

テクニック1:休憩をはさみつつ作業する

人間の集中力は30分程度しか持ちません。そのため、30分おきに5分程度の休憩を挟んでブログの執筆を行いましょう。

重要なのは

  • 時間がきたら中途半端でも休憩に入る
  • 休憩中はスマホをいじらない

ということ。

中途半端な状態で休憩に入ることで、休憩中もブログのことを考え続けることになります。考え続けることで、早く続きが書きたいという気持ちをキープできるので休憩後に再び集中して作業に臨めます。

休憩中にスマホをいじらないというのは想像できるかと思います。スマホをいじってたら30分経ってたという事態を防ぐためにも、作業中は休憩しててもスマホの電源を切るのがおすすめです。

テクニック2:毎日書く

少量でもいいので、毎日ブログを書くことで、

  • タイピングスピードが上がる
  • 頭の回転スピードが上がる

というメリットがあるため自然とブログの執筆速度も速くなります。

僕自身は他のメディアを運営したり、ライティングの仕事を受けたりしているので、毎日2記事分以上の文章を書いています。

1年以上続けたことで確実にスピードアップを実感できているので、1週間で3時間よりも、1日20分で毎日作業するべきです。

テクニック3:記事の構成に時間をかける

ブログ執筆を細分化すると、以下の通り。

  • キーワード選定
  • 構成作り・タイトル決め
  • 本文入力
  • 装飾・画像挿入
  • チェック・公開

この中で重要なのが構成作りの段階です。正直構成作りをしっかりとしておけば、記事自体の作成にはそこまで時間かかりませんよ。

また構成がしっかりとしていることで、内容の重複やコンテンツの不足も防ぐことができるため記事の質も高くなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です