【めっちゃ高音質】SONYの最新ワイヤレスイヤホンWF-H800の使用レビュー

こんにちは!みなもんです。

2020年2月29日にSONY製のワイヤレスイヤホン「WF-H800」が新発売しました。

今回の記事ではその「WF-H800」についての説明や、使用した感想を紹介していきます。

ちなみに私がこれまで使用したワイヤレスイヤホンは、Amazonの評価に騙されて買ったゴミみたいなイヤホンです。
現在は5000円ぐらいで買えるPanasonic製のイヤホンを使っているので、そういったことを踏まえてこの記事を読んでいただければと思います。

「WF-H800」とは?


(引用:SONYHP)
「WH-H800」はSONY製のワイヤレスイヤホンです。
SONYのワイヤレスイヤホンといえば、「WF-1000XM3」が有名ですね。そしてワイヤレスイヤホンではAirPodsがめちゃくちゃ人気ですよね。
そこでWH-H800とWF-1000XM3、Air Pods Proの機能を分かりやすいように表にまとめてみました。

Air PodsWF-H800WF-1000XM3
価格(税別)27800円22000円25880円
最大連続再生時間
(充電込)
5時間(24時間以上)8時間(16時間)8時間(32時間)
イヤホン重量各5.4g各7.6g各8.5g
ケース重量45.6g48g約75g
カラーバリエーションレッド
ブルー
ブラック
オレンジ
アッシュグリーン
ブラック
プラチナシルバー

「WF-H800」を購入しようと思った理由

世間ではAirPods Proがめちゃくちゃ流行ってるのになんで「WF-H800」にしたの?

って思う人もいると思います。

私が「WF-H800」を選んだ理由は以下の通りです。

  • ワイヤレスイヤホンが欲しかった
  • 新作が出るから試してみたかった
  • 音質が良いイヤホンが欲しかった
  • AirPodsの見た目が好きじゃない
  • 小さいイヤホンが良かった

ワイヤレスイヤホンが欲しかった

「WF-H800」を買った1つ目の理由は、ワイヤレスイヤホンが欲しかったからです。

かばんの中に入れていたイヤホンが絡まってイライラ。
あなたもそんな経験があるでしょう。

有線イヤホンは無くしづらい、音が途切れないといったメリットはあるのですが、かばんの中に入れているとどうしても絡まってしまうことが多いんですよね。

さらに、せっかくつけたイヤホンがねじれていてストレスを感じるという方もいると思います。

こんなイライラする生活から抜け出す方法として、私はワイヤレスイヤホンを買う選択肢を選びました。

新作が出るから試してみたかった

ワイヤレスイヤホンを買うことを決めた私は、どの製品を買うか考えていました。

イヤホンを探していると、予約受付中のイヤホンを発見。

SONY製ということで安心感はありました。特にどんなイヤホンを買うのかは決めてなかったので、なんとなくその新作を予約。
それが「WF-H800」でした。

音質が良いイヤホンが欲しかった

せっかくイヤホンを買うのであれば、音が良いイヤホンが欲しいと考えていました。

そして、私の中のSONYに対する印象は、「音が良い」です。
そのため、新しいイヤホンを選ぶときには真っ先にSONYワイヤレスイヤホンで検索をかけました。

SONYの人気製品である「WF-1000XM3」も候補の一つでしたが、予約受け付けの文字に目が行き、「WF-H800」を選びました。

実際に利用してみて分かったんですけど、めちゃくちゃ音が良いです。私が今まで使ってきたイヤホンの中では間違いなく一番音質が良いイヤホン。

AirPods Proの見た目が好きじゃない

現在、ワイヤレスイヤホンを利用している方の中だとAirPodsの利用者が多いと思います。そして機能性も高いと聞きます。

しかし私はAirPodsを買うのは嫌でした。理由は「見た目が好きじゃない
この記事を読んでるあなたももしかしたらAirPodsの見た目が好きじゃないかもしれません。

私はこれまでの人生で、白い電化製品や、白い家具を使ってきたことがほとんどありませんでした。白いものを使うのに抵抗があるのかもしれません。
AirPodsも例外でなく、白い見た目が好きじゃないのです。

小さいイヤホンが良かった

最後の決め手となったのは、イヤホンのサイズです。
ワイヤレスイヤホンって長時間付けることが多いと思うんです。音楽聞かないときでも付けっぱなしのこともあるので。

長時間身につけるイヤホンが重いと、疲れそうだよなと考え、「WF-H800」を選びました。

実際に付けてみるとめちゃくちゃ軽いんです!軽くて付けてるのを忘れるレベル。

「WF-H800」を使用するメリットとデメリット

「WF-H800」にするメリットとデメリットを紹介していきます。

「WF-H800」を使用するデメリット

「WF-H800」を選ぶときには次のようなデメリットを踏まえた上で選びましょう。

  • 小さいからなくしやすい
  • 外音取り込み機能がない
  • ノイズキャンセル機能がない

なくしやすい

「WF-H800」に限らず、左右独立式のワイヤレスイヤホンって、なくしやすいんですよね。
「片耳どこいったんだ」、「ケースが無い」という事態を経験した人もいるのではないでしょうか?
またはポケットに入れたまま洗濯機に突っ込んで故障するということにも。

イヤホンの扱いには気をつけましょう。

外音取り込み機能がない

AirPods Proの場合は、イヤホンを長押しすることで、外音を取り込むことができます。

しかし「WF-H800」には外音取り込み機能は付いていません。
外の音を聞きたいときには、イヤホンに付いている再生停止ボタンを押すようにしましょう。

またイヤホンを片耳外せば、音楽の再生が自動的に止まる機能もあるので、外の音を聞きたいときにはイヤホンを取るのが手っ取り早いです。

ノイズキャンセル機能がない

AirPods Proとの最大の違いは、ノイズキャンセル機能だと思います。
他のサイトの口コミを見れば分かるのですが、AirPods Proのノイズキャンセル機能はかなり高いです。
そのためノイズキャンセル機能を求めるのであれば、AirPods Proを買う方がいいと思います。

「WF-H800」を使用するメリット

「WF-H800」を選ぶのには以下のようなメリットがあります。購入を検討する際には参考にしてみてください!

  • 音質が良い
  • 色を5色から選べる
  • 連続で8時間の再生が可能
  • 小さくて軽いので付けてる感じがしない
  • ワイヤレスイヤホンだけど音が途切れにくい

音質が良い

SONY製ということで、音質はかなり良いです。
私はEDMやJ-POPをよく聞きますが、前回使っていたpanasonicのイヤホンより音がいいのが素人の私でも分かります。

色を5色から選べる

「WF-H800」は、赤、青、黒、オレンジ、アッシュグリーンの5色から選べるので、あなたの好みに合わせた色にできますよ。

連続で8時間の再生が可能

8時間の連続再生をすることができます。これはAirPods Proの1.5倍以上の時間になります。
ワイヤレスイヤホンを使ってるとどうしても電池が気になりますが、「WF-H800」なら電池切れの心配をする必要がほとんどありません。

高速充電もできるので、通勤から午前中の仕事まで使用して、昼休みに充電、午後からも使用することだってできます。

付けているかんじがしない

先ほども解説しましたが、長時間付けているとイヤホン付けているのを忘れてしまいます。それくらい付けている感覚がしません。

ケースも軽いので持ち運びがとても楽です。

接続が切れにくい

ワイヤレスイヤホンで最も重要なポイントの一つが接続の途切れにくさだと思います。外で使っていていちいち音が途切れるのでは気持ちよく音楽を聞けないですよね。

以前のSONYのワイヤレスイヤホンは、接続の悪さが目立っていたようです。
「WF-H800」を1週間ほど利用しましたが、接続は安定してそうです。

「WF-H800」を実際に使ってみて


「WF-H800」を購入して10日ほど経過しました。それを踏まえての感想や、使い心地などを紹介していきます。

「WF-H800」を実際に使った感想

実際に使ってみた感想を、

  • 音質はどうなのか
  • 付け心地はどうなのか
  • その他気になったことはあるか
といった観点で述べていきます。
結論から言うと、買ってよかったです。

音質はどうか

音質については素人の意見になるので、あまり参考にはならないと思いますが、かなり良いです。

SONYの商品サイトでも高音質を宣伝してるだけあって、同じ価格帯のイヤホンの中ではかなり音質に優れている製品です。
そのため音質に対して心配する必要はないですよ。

付け心地はどうか


写真は私がイヤホンを実際に付けた時の様子です。
かなり小さく、周りから見てもイヤホンをしているかんじはあまり無いと思います。

かなり軽いので長時間付けていても、疲れることがないどころか、イヤホンを付けていることを忘れそうになるくらいです。

取れにくいかも気になると思いますが、イヤホンのゴムは4段階あり、自分の耳の穴に合わせれば取れにくさアップです。
私はちょうどいいサイズのゴムをつけて、頭を左右に激しく振りましたが、耳から落ちそうな気配は無かったです。

その他に気になったことがあるか

WF-H800では音楽を聞いてる途中に片耳のイヤホンを外すと自動的に一時停止になり、再びイヤホンを付けると再生を再開する機能があります。

他のイヤホンにも搭載している機能かもしれないですが、私はこういった機能のイヤホンに初めて出会ったので、すごく便利だなと思いながら使っています。

価格は妥当か?

税別で22000円なので、税込みでは24200円ですね。
AirPods Proが税込みで約3万円、ノイズキャンセルが付いた同じSONY製品の1000XM3が税込み28000円程度ということで、妥当な価格ではないかと思います。

2つの差別化するとしたらノイズキャンセル機能ぐらいだと思うので、ノイズキャンセルのために+4000円払うのかを決めてもらえばいいのではと考えます。

「WF-H800」はこんな人におすすめ

こんな人ならWF-H800を買っても損しないと思います。

こんな人におすすめ
  • ノイズキャンセル機能が無くても気にならない人
  • 高音質のワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • AirPodsの見た目が嫌な人
ノイズキャンセル機能が無くても周りの音がめちゃくちゃ聞こえるというわけではありません。
そのためノイズキャンセル機能が無くても、気にならないのであればかなりコスパのいい製品だと思います。

音はかなりよく、5000円の有線イヤホンを使っているときには気づかなかった音も聞こえます。

見た目も小さく、色も5色から選べるので、AirPodsの見た目が好きじゃないという人にはおすすめできます。

「WF-H800」を使った感想まとめ

今回の記事では、SONYの新作イヤホンWF-H800を使ったレビューをしました。

ワイヤレスイヤホンではAirPodsが人気ですが、私はデザインがあまり好きじゃないので他のイヤホンを探しました。
WF-H800は音質、連続再生時間、デザイン性、軽さ・付け心地に優れていると思うのでぜひ購入を考えてみてはいかがですか?

WF-H800の購入はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です