WordPressにおすすめのレンタルサーバーを5つ比較してみた

こんにちは!みなもんです。
Wordpressでブログを始めるとなったときにはサーバー選びが重要になります。
しかしレンタルサーバーを選ぶ際にはプランが多かったり、レンタルサーバー会社が多かったりして迷うことも多いでしょう。

今回の記事ではWordpressでブログを始めようとしている人に向けて、どういったポイントでレンタルサーバーを選べばいいのかを解説し、後半では各社の比較やおすすめのレンタルサーバー会社を紹介していきます。

この記事を読むことで、以下のことが分かります!

  • どのレンタルサーバーを借りるのがいいか
  • レンタルサーバーを借りるときのポイントは何か
  • 各社を比べてみたときの違い

WordPressでブログを始める際にぜひ参考にしてみてください!

WordPressでブログを始めるときのサーバー選びのポイントとは?


Wordpressでブログを始める際のレンタルサーバー選びで考えるべきポイントを4つ紹介していきます。

ポイント1:価格がプラン内容に見合っているか

レンタルサーバーを選ぶ際にはまず価格を気にする人が多いでしょう。
価格はレンタルサーバーを選ぶときのポイントの一つになりますが、価格だけで選んではいけません!
というのも安いプランだとその分提供されるサービスが少ないことが多いからです。
後半で似たようなサービス内容で各社の価格比較をしていきます。

ポイント2:無料SSL化ができるか

サイトをSSL化することによって、通信を暗号化することができます。
通信が暗号化されていない場合、ネット上でのやり取りを盗み見られるリスクがあり、クレジットカードの番号や個人情報が漏洩する可能性があります。
SSL化により第三者に通信を見られても暗号化されているため解読されなくなります。
そのSSL化ですがプランによって無料でできるものと、追加料金を払わないとできないものがあります。
安いプランを選んだけどSSL化にお金がかかって予定より出費してしまったとならないように確認することが大事です。

ポイント3:サーバーの強さはどうか

サーバーが弱いとアクセスが集中したときにページを表示できなくな集客のチャンスを逃すことになってしまいます。
サーバーの強さを判断するときにはデータの転送量と、データ転送の制限が月ごとなのか、日ごとなのか確認しましょう。
月間50万PVの際には1日あたり20GBのデータ通信量が必要です。

ポイント4:サポートの体制は充実しているか

レンタルサーバーを選ぶときにはサポート体制も確認してから決めましょう。
サポート体制は具体的に言うと、

  • 24時間電話対応しているか
  • バックアップがあるか

の2点です。
サイトは24時間運営しているので、トラブルがあってもすぐに問い合わせのできる24時間電話対応があるのが望ましいです。
バックアップの機能があることで、もしサイトがおかしなことになっても修復できます。

WordPressにおすすめのレンタルサーバー会社3選

WordPressでブログを始める際におすすめのレンタルサーバー会社を3つ紹介していきます。

ロリポップ!




ロリポップ!はGMOペパポが運営会社のレンタルサーバーです。
同じくGMOペパポが運営しているムームードメインを利用すればDNSの設定が楽になります。

ロリポップ!の料金プラン


(引用:ロリポップ!HP
料金プランは写真のように5種類あります。
初期費用はエコノミー・ライト・スタンダードなら1500円(税別)、ハイスピード・エンタープライズなら3000円(税別)です。
長期の契約をすることでよりオトクに利用することができます。

ロリポップ!のおすすめポイント

ロリポップ!のおすすめポイントは以下の通り

  • スタンダードプランのコスパがいい
  • 無料でSSL化することができる
  • ムームードメインを利用することで設定が楽になる

スタンダードプランは月額500円から利用でき、プラン内容も充実しているのでコスパが良く初心者におすすめのプランといえます。
無料でSSL化できるのでセキュリティ面も安全です!

ロリポップ!のおすすめプラン

WordPressでブログを運営する場合におすすめするロリポップ!のプランは、スタンダードプランです。
長期の利用にすることで月額500円から利用でき、普通にブログを運営するには困らない機能です。
読み込みスピードをもっと早くしたいと考えるのであれば、月額が1000円~のハイスピードプランもおすすめです。
ハイスピードプランでは、Webサーバーとして「LiteSpeed」が用いられており、メジャーな「Apache」に比べて読み込みの速度が早いです。
ちなみにスタンダードプランの場合は、メジャーな「Apache」が使われています。

さくらサーバ




さくらサーバは、ロリポップ!と同じく500円台からWordpressを利用できるレンタルサーバーです。

さくらサーバの料金プラン


(引用:さくらサーバHP
さくらサーバはプランが6種類ありますが、Wordpressを使う前提で考えるならライトプランを除いた5種類です。
スタンダードプランはかなりコスパの良いプランと言えるでしょう。

さくらサーバのおすすめポイント

  • 初期費用が安い
  • 月額500円台から利用できる
  • 24時間電話サポートあり

さくらサーバでは初期費用が1028円~なので、初期費用をかなり抑えることができます。
また月額も500円から利用できるので初心者におすすめです。
24時間電話サポートもあるので困ったときにはいつでも相談できます。

さくらサーバのおすすめプラン

さくらサーバのおすすめプランはスタンダードプランです。初期費用は1028円で料金は528円(税込み)から。ロリポップ!のスタンダードプランよりも少し安いです。
ただしロリポップ!のスタンダードプランに比べると容量や、1日あたりのデータ転送量が少ない点には気をつけましょう。
年間で1500円台のライトプランもありますが、Wordpressは利用できないので気をつけましょう。

エックスサーバー




エックスサーバーは、利用者がとても多いレンタルサーバーです。
機能性がとても高く、表示がとても早いため迷ったらとりあえずエックスサーバーを利用するのもアリだと思います。
エックスサーバーを利用するときには、一緒にエックスドメインを利用するのがおすすめです。

エックスサーバーの料金プラン


(引用エックスサーバーHP
エックスサーバーには3種類のプランがあります。
どのプランも機能が充実しているので、どれくらいの規模のサイトを作るのかでプランを選べばいいと思います。
ドメインを無料で取得することができるので、初期費用が3000円かかっても他のサイトを利用したときと比べてもあまりコストは変わりません。
読み込みの速いサイトや、セキュリティがしっかりとしているサイトを作りたいのであればエックスサーバーを使うのがいいでしょう。

エックスサーバーのおすすめポイント

  • 自動バックアップ機能
  • 読み込み速度が速い
  • ドメインを無料で取得できる

エックスサーバーでは自動でバックアップしてくれるので、コードを打っていておかしくなったり、ページがうまく表示されなくなったときにも安心です。
読み込みの速度が速いためユーザーの離脱率を減らせて、集客にも繋がります。
ドメインを無料で取得することができるため、普通1000円くらいかかるのを浮かせることができます。

エックスサーバーのおすすめプラン

エックスサーバーのおすすめプランはX10プランです。ロリポップ!や、さくらサーバに比べると月額が少し高い900円~です。
エックスサーバーはセキュリティの面で優れており、自動バックアップ機能や、無料のSSL化も行えます。
4月30日までにエックスサーバーを申し込めば、ドメインを無料で取得することができます。
初期費用は3000円で、1日のデータ転送制限は70GBです。

サーバー会社5社のプラン比較

サーバー名(プラン名)初期費用月額SSL化自動バックアップデータ転送量
ロリポップ!
(スタンダードプラン)
1500円(税別)500円~(税別)無料なし100GB /日
さくらサーバ
(スタンダードプラン)
1048円(税込)524円~(税込)無料なし80GB/日
エックスサーバー
(X10プラン)
3000円(税別)1000円~(税別)無料あり70GB/日
スターサーバー
(スタンダードプラン)
1500円(税別)
4月30日まで0円
400円~(税別)無料なし300GB/月
ヘテムル
(ベーシックプラン)
2000円(税抜)800円~(税別)無料あり80GB/日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です